2017年04月08日

ピアノの演奏会in東九条

4月7日(金)は、あいにくの雨模様でしたが、「フィリピンからピアニストがやってくる!!ピアノの演奏会in東九条」を開催しました。
ピアノ_ページ_1.jpg

これが故郷の家・京都の雲史ホール
故郷の家 雲史ホール.JPG
雰囲気も設備もすばらしいホールです。
故郷の家・京都のみなさま、ありがとうございました。

リハーサルの様子。大きな後ろ姿は、Adreiくんのパパ。Adreiくんは視覚障害のあるフィリピンで暮らす18歳の青年。いつもやさしく、パパがサポートされていました。
リハーサル.JPG
Adreiくんが、心から音楽が好きなことは、リハーサルの間でわかりました。
いつまででも弾いていたい!!そんな感じが伝わってきました。

本番前、ネットワークサロンに集う、フィリピン人メンバーが来てくれました。
Adreiくんを応援するために、控室にお邪魔しました。
控室.JPG
奥にいらっしゃるのが、ジャズピアニストの竹中真さん。ユーモアと愛が感じられる本当に素敵な方でした。

このあと、驚く展開に!!
控室訪問した女性が、本番で歌うことに!!ピアノを触りながら、「何が歌える?」と竹中さんが彼女に聞き、あーでもないこーでもないと打ち合わせを5分くらいして、決定したのは本番5分前。その状況に、歌う本人も、隣にいた私も鳥肌(笑)

お客さんは次々と増え、最終80名を超える方々が来てくださいました。
お客さん.JPG

Adreiくんのピアノは、喜びに満ちていて、お客さんを幸せにするものでした。そこに、竹中さんのすばらしい演奏とトークが加わり、すぐに、お二人の世界に引き込まれていきました。

彼女の歌は…
DSCF2095[1].JPG
感動的な、心にしみる歌声でした。ほんとうにによかった!!

とてもとてもすばらしく、幸せになる演奏会でした。
最後は子どもたちからAdreiくんに花束贈呈。
DSCF2146.JPG
この花束、実は、日本自立生活センターの Tさんからのプレゼント。
なかなか粋なことをしてくださいました(笑)
(by ネットワークサロン S)

posted by 京都ネットワークサロン at 16:36| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: